・教団を設立し信者も増え始める

 釈迦が六人めに教えを説いたのは、ヤサという一人の青年であった。長者の子、ヤサは修行をしたこともなく、説法を聞くことすらはじめてであったが、釈迦の教えを素直に吸収し、ついに出家した。さらに、ヤサの両親と妻も仏教に帰依。釈迦の伝道生活をのちのちまで財政的な面でも支えていったのである。ただ、釈迦の教えを受け入れようとしない場合も少なくなかった。例えば、カッサパ三兄弟が指導する、火神を祀る“事火外道”の教団もそのひとつ。釈迦は長男の大カッサパ、その弟たちの中カッサパ、小カッサパをそれぞれ訪ねたが、伝道に成功するまであらゆる方法で抵抗を受けた。しかし、最後には彼らの千人にも及ぶ弟子たちまで帰依し、仏教教団を確立する基礎を形づくったのである。こうして構成員を増やしていった教団に、マガダ国のビンビサーラ王は活動の拠点として、自国の首都・王舎城郊外の竹林を提供してくれた。これを竹林精舎という。また、コーサラ国の首都・舎衛城に住むスダッタという豪商は、釈迦を招聘。広い林園を持つ祇陀太子を説得して、その土地を提供し、ここに祇園精舎を開いた。

・教団が迫害を受け、内部でも反乱が起こる

 釈迦を中心とする仏教教団は、出家した者ばかりでなく在家にも数多くの信者を発展を続けていた。しかし誰もがこれを快く思っていたわけではない。そのため祇園精舎の周辺では、仏教教団に敵対する宗教家によって修行者が殺されたり、中傷されるなど、迫害を受けることもあった。弟子たちは場所を移ることを提案したが、釈迦は「七日待てば、噂や中傷は消える」と動こうとはしなかった。そして実際、しばらくすると周辺の人々は真相を知るようになり、中傷に耐えていた教団の名はかえって高まっていったのであるった。伝説上、最大の反逆者とされているのが、釈迦の従弟・デーヴァダッタ。彼は釈迦が高齢になるにつれて、その後継者は自分である、と考えるようになっていた。釈迦は、この考えを戒めたが、デーヴァダッタは逆に、“邪魔者”である釈迦を殺すことを企てたのである。デーヴァダッタはまず、巨象に大量の酒を飲ませ、釈迦に襲いかからせた。しかし、巨象は釈迦の前までくるとおとなしくなり、ついには跪拝した。これに失敗したデーヴァダッタは、その後も何度か釈迦を襲ったが、最後には自分の仕掛けた方法で、自らの命を落としてしまったのである。
スポンサーサイト

真理

入滅

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。