ここでは観音経について考えてみましょう。

 ・妙法蓮華経観世音菩薩普門品偈

 世尊妙相具 我今重門彼 仏子何因縁 名為観世音 具足妙相尊
 
 偈答無尽意 汝聴観音行 善応諸方所 弘誓深如海 歴劫不思議

 侍多千億仏 発大清浄願 我為汝略説 聞名及見身 心念不空過

 能滅諸有苦 仮使輿害意 推落大火坑 念彼観音力 火坑変成力

 惑漂流巨海 竜魚諸鬼難 念彼観音力 波浪不能没 惑在須弥峯

 為人所推堕 念彼観音力 如日虚空住 或被悪人逐 墜落金剛山

 念被観音力 不能損一毛 或値怨賊繞 各執刀加害 念彼観音力

 咸即起慈心 或遭王難苦 臨刑欲寿終 念彼観音力 刀尋段段壊

 或囚禁枷鎖 手足被杻械 念彼観音力 釈然得解説 呪詛諸毒薬

 所欲害身者 念彼観音力 還著於本人 或遇悪羅刹 毒竜諸鬼等

 念彼観音力 時悉不敢害 若悪獣囲繞 利牙爪可怖 念彼観音力

 疾走無辺方 蚖蛇及蝮蠍 気毒煙火然 念彼観音力 尋声自回去

 雲雷鼓掣電 降電澍大雨 念彼観音力 応時得消散 衆生彼困厄

 無量苦逼身 観音妙智力 能救世間苦 具足神通力 広修智方便

 十方諸国土 無刹不現身 種種諸悪趣 地獄鬼畜生 生老病死苦

 以漸悉令滅 真観清淨観 広大智慧観 悲観及慈観 常願常瞻仰

 無垢清淨光 慧日破諸闇 能伏災風火 普明照世間 悲体戒雷震

 慈意妙大雲 澍甘露法雨 滅除煩悩燄 淨訟経官処 怖畏軍陣中

 念彼観音力 衆怨悉退散 妙音観世音 梵音海潮音 勝彼世間音

 是故須常念 念念勿生疑 観世音淨聖 於苦悩死厄 能為作依怙

 具一切功徳 慈眼視衆生 福聚海無量 是故応頂礼

・解釈

 世尊は立派なお姿をしていらっしゃる。私は今、重ねてお尋ね申し上げる。仏子はどのような因縁によって、観世音と名づけられるのかと。立派なお姿をなさっている世尊は偈をもって無尽意菩薩にお答えなさった。君よ、観世音菩薩の修行がさまざまな方角や場所にきちんと適応していることをよく聞くがよい。その弘誓(ぐせい)は海のように深く、無限の時間をかけても考えを及ばせることはできない。何千億もの無数の仏に仕え、偉大なる清淨願(しょうじょうがん)を起こした。私は、君のための簡単に説明しよう。観世音菩薩の名号を聞き、その体を見て、心にしっかりと観世音菩薩を念じれば、どんな苦しみでも滅することができるだろう。観世音菩薩に念じれば、たとえ誰かに燃えさかる炎の大きな坑(あな)に落とされるようなことがあっても坑はたちまち池に変わる。あるいは大海に漂流して、海の竜や鬼神の餌食になるようなことがあっても救われる。あるいは須弥山(しゅみせん)の頂上から落とされることがあっても、また、悪人から追われ金剛山(こんごうせん)から突き落とされても、観世音菩薩を念じれば助けてくださる。あるいは賊に殺されようとしても、賊たちはたちまち慈心(じしん)を起こして思いとどまる。国王の命で処刑されようというときも、観世音菩薩を念じれば、処刑人の刀はいくつにも折れてしまう。あるいは首や手足に枷(かせ)をつけられても、観世音菩薩を念じれば枷がほどけて自由のみになる。あるいは誰かに呪われ、毒殺されようというときも、観世音菩薩の力を念じれば、逆にしかけた本人にそれが働く。あるいは害を及ぼすと恐れられている羅刹(らせつ)や毒竜、鬼神に出会っても、観世音菩薩をねんじれば、害を逃れることができる。あるいは悪獣に囲まれたり、とかげ、蛇、蝮(まむし)、蠍(さそり)の毒気の炎に襲われても、観世音菩薩を念じれば、たちまち退散する。あるいは突然、にわかにかき曇り雷鳴が轟き、稲妻が光り、雹(ひょう)や豪雨に遭っても、観世音菩薩を念じれば、雲散霧消する。人々が遭遇するあらゆる困難や苦しみから、観世音菩薩はすぐれた智慧であますところなく人々を救ってくださる。どこにでも現れ、地獄、餓鬼、畜生の苦しみ、生老病死の苦しみをその神通力と智慧の方便で次々に解消する。観世音菩薩には、大いなる智慧と悲観、慈観が備わっている。だから、いつもその姿が現れることを願い、仰ぎ見るべきである。観世音菩薩は汚れのない、清らかな智慧の光でこの世を照らされている。悲の体と慈の心で、甘露の雨を注ぎ、煩悩の炎を消す。観世音はこの世のどんなものにも勝る音である。だから、いつでもどこでも、たとえ戦陣にあっても観世音菩薩を心に念じなければならない。この観世音菩薩の偉大なる力に、わずかでも疑問をもってはいけない。苦悩、死、炎厄に遭ったとき、最後のよりどころになるからだ。また、あらゆる功徳(くどく)をもって、慈しみの眼で私たちを見つめていらっしゃる。福徳の海の大きさははかりしれない。これゆえ頂礼すべきなのであう。


この二十五番の観音経を一番最初にご紹介したのは、実は訳があります。それは、私がある会社に勤めていたころのことです。十年あまり勤めていた会社だったのですが倒産。その後、毎日ハローワーク通い。就職活動の日々でした。しかし、なかなか再就職が決まらず、気が付けば約5ヵ月がしぎていました。どうしよう、もうこれ以上は限界。そう思っていました。そのころの私は、先祖供養はほとんどしていませんでした。しかし、1つだけ毎日かかさずしていたことがありました。それは、家に祭ってある神棚に毎朝手を合わせること。それは最後の会社に面接に行く朝のことでした。いつもの通り神棚に手を合わせていました。その後、ロウソクの火を消そうと思ったその時でした。どこからともなく、不思議な風が吹き込み、気が付くと神棚の向かって左側のロウがロウソク沿いに垂れ、みるみるうちに観音様の横顔になりました。その時は、どうして神棚なのに仏である観音様がでてきたのだろうと思っていました。しかし、今考えると、日本では神様は天照大御神。伝説とはいえ、実在した人物。そう、神も仏なのです。そして、その後の面接で即日合格。先祖(仏)に救われた瞬間でした。

 ここから先ほどの観音経について考えてみましょう。解説を読んでお気づきかもしれませんが、先祖供養のためのお経とはいえ、なにか生きている私たちに語りかけているようにも思えます。そうです、お経は亡くなった先祖のため、それから生きている私たちのため半々と考えてよいでしょう。この中に生老“病死の苦もって”とあります。これを見ると、生きることが苦?老病死は苦でも、生まれること、生きることが苦とはなぜでしょう。これは、すべてが苦とも言い切れません。しかし、生きていく中にはいろいろな苦があります。もちろん、楽しいこともたくさんあります。しかし苦しいからといって逃げ出してはいけません。その苦を乗り越えること。すなわち修行です。だからこそ日々、先祖供養をして、先祖に力をつけてもらい、先祖に助けてもらうのです。先祖だって力がなければ、助けたくても助けることができません。また、日々供養してないのに苦しいときだけ“助けてくれ”といっても虫のいい話でしょう。先祖にしてみれば、子孫がかわいいはずです。助ける力があれば必ず助けてくれます。
スポンサーサイト

入滅

仏教とは何か?

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。